オーディオ

1月 13, 2015

針葉樹合板は如何なものか?(その1)

ネットのスピーカ自作記事を斜め読みしていると「針葉樹合板」なるものが格安で見栄え(木目)が美しく音質がよいとする人とそうでない人と両極端であることが気になった。近くの資材館で物色してみると、12MMのサブロク合板で1080円とラワン合板より安い。剛性もそれなりにあり、なにより木目が美しい。1枚、実験に購入してみることにした。平面バフルがよいのだが、過去の経験から四隅に枠(そり止め)をつけて、ちょっとした後面解放型にした。カットサービスで1枚で2本とれるようにした。
Obuff
カットした材料は、ラワン合板のようにイヤナにおいがしない。松/杉系のすがすがしいよい香りである。店の人によると、以前はヒノキ合板も同じ値段で入荷していたようであるが、今は入手困難なようでがっかり。
自宅に持ち帰って、サクサクと組み立て。フロントからパチリ。
Img_1096
後ろからパチリ。
Img_1097
横からパチリ。
Img_1098
あとは、丸穴を開けて、ウォールナットでステイン塗装して、木目を生かした概観にしたい。果たして、音質は好みに合うか??


| | コメント (0) | トラックバック (0)

12月 23, 2014

サークルカッターを購入

Image
なんと300mmの丸穴が開けられるサークルカッターをアマゾンで発見 。
ポチッと。1700円で送料無料。久々に木材を物色していてとあるものを作成したくなってきた。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月 26, 2013

NF2をポチっと

久々にebayを覗くと、NF2の中古が格安に並んでいた。ポチっと。うーん、ただでさえ長寿命の電圧増幅管を、そんなに持っていてどうするんだという声が聞こえてくる。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4月 21, 2013

新居のサブシステム(その1)

下の娘に吹奏楽の演目をちゃんと聴きたいとリクエストを受けて、急遽、新居の和室へサブシステムを構築。
アンプは3A/109Bシングルを母屋から持ってきて、CDはAIWAのポータブルで(汗)。スピーカは、最初、ALTEC403Aの平面バフルにして、まずは鳴らしてみた。娘はトロンボーンを担当しているのだが、”なんか、音のニュアンスがうまく出てない”、親ばかになりそうな一言。音楽をやっていると、やはり、基本的なところに拘る。そこで、テレフンケン/イソフォン/SABAの楕円フルレンジを3箱持ってきて、とっかえひっかえ試聴。テレフンケンの楕円がイチバンいいとのたまったので、ニンマリ。結局、夜は小音量で、昼は中音量で、自分もちょっと遊びたいということで、下記のような感じに収まった。
Sb002_2
やはり、アンプはCeかDaを使って有りもの部品で小型ものを作ろうかな??という気分になっている。
Sb001_2


| | コメント (2) | トラックバック (0)

4月 06, 2013

GARRARD301のアイドラー付近から異音。。。(その2)

英国からリペア部品が到着していたが、時間がなく手がつけられなかったが、やっと、今日実施。
アイドラーのベアリング交換は圧入されているので、付属の専用ポンチを使って古い部品を取り出し、新しいものを再度、圧入。アイドラーを取り付けると少し、きつめであるが、かなりしっかりしているのがよく分かった。だいぶへたっていたことになる。
スプリング類は、モーター付近は次回にして、他のスプリングを全て交換。こちらも前のスプリングはかなりへたっていたのが良く分かる。
はやる気持ちを抑えて、試運転。おおおお、異音はまったく無くなった。静寂感がすばらしい。。。。(自己満足)。
レコードを掛けてみる。ずいぶんと力強さ、静寂感、メリハリ、格段によくなっているようである(自己満足)
G301


| | コメント (2) | トラックバック (0)

3月 10, 2013

GARRARD301のアイドラー付近から異音。。。

アイドラーのメンテナンス(無水アルコールで掃除)や、アイドラーを新品に交換しても、チーという異音が。。。ネットで検索すると、アイドラーのベアリング劣化の事例記事が見つかる。そこで、ebayから取り寄せ。ついでに、スプリング類もポチッと入手。
・ベアリング
Gi
・スプリング一式
Sp

GRRARD301は、知人から15年ほど前に格安(2万円)で入手したものであるが、大事にレストアしながら使ってきた。製造から半世紀を経ても問題無く稼動しているが、性能維持には、マメな整備は必要だと感じている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

1月 01, 2013

本年もよろしく御願いいたします

Photo
昨年はほとんど自作できませんでした。大晦日、恒例のラジオマンジャックを楽しみました。押尾コータローとKAIのセッションは最高!二人の息遣い、ギターの弦の爪弾く音、全てに満足でした。改めてFPGA FMチューナーに感謝です。今年は、まだ使っていない球でアンプを作ってみたい!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

5月 08, 2012

夢が実現??

GW中に娘の新体操大会が松本市であり、ビデオ係でドライブがてら出向くことになった。
本番の前日から移動し、以前から気になっていた諏訪にある、伊藤喜多男さんのシステムが聞ける喫茶店KANONへ。。。
場所が分からず、右往左往。なんと蕎麦屋の中にKANONは実在した。店主に喜多男さんのフルシステムで!とリクエストしたところ、ちょっと怪訝な顔をされた。どうやら、もったなくて火をいれたくないようである。遠路はるばる来たのだからと説き伏せた。残念ながらレコードは聴けずCDでの演奏。A730、RA-1501Aプリ、EL34PPステレオアンプ、コアキシャルワイドアングルでマラ5をかけてもらった。今までタンノイ+LUX300Bシングルでかけていたのとは別次元の音楽が流れ出した。しばらく愕然としていたが、冷静になっていくと以前、聞いたコアキシャルワイドアングルの雄大だが少しフォーカスが甘くなるイメージとはかなり異なり、ピントがビシっとあっていて肉質的な表現が飛び出してきた。ははーん、これが知人の言っていたコアキシャルからウェスタンの音を出す手品か。
Ka01
スタジオルームに機器は設置されている。
Ka02
RA-1501Aをガラス越しではなく、直接、見たかった。。。進入NGということで、内部を見せてとは、いえなかった。
17:00閉店のところを、渋滞もあって16:00到着で、小一時間しか楽しめなかったが、来年も松本で大会があるので、開店と同時に居座りたいと今から画策している。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

4月 01, 2012

秋月電子のUSB-DACを購入する。。。(その2)

Aki
15分ほどで完成。簡単である。早速PCに差し込んで確認。おお、認識した(当たり前か)。肝心の音質は、1700円とは思えない。以前、デジキットのUSB DACを作成したが、それと比較すると若干、荒さが目立つが、これだけ聞いていれば気にならない。SoftSqueezeでハイサンプリング(192Khz,24bit)の音源とMP3を再生してみた。おお、違いが分かる(どーでもいいけど)。これで、新居の居間で気軽にPC経由で音楽が聞けるようになった(音楽を聞くなら、母屋へいけという声が聞こえてくるけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

3月 21, 2012

秋月電子のUSB-DACを購入する。。。(その1)

新居のc3gシングルアンプは、TV観賞用に大活躍なのだがPCオーディオ用にも使いたくなった。ひょんなことから、激安USB-DACのキットを知り、本日入手。あの秋月電子のキットである。AKI-DACである。このキットを、雑誌、ステレオのデジタルアンプに組み込んでいる人もいるらしい。秋月電子といえば、35年以上前、小学生6年のとき、汎用電源キットや、タンクバトルTVゲームキットを購入したのを思い出した。久々に秋月電子からキットを購入、本日到着。あまりに小型なのに驚き!さて、週末に組み立てできるだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧